キス

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

投稿日:

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

好きな人と付き合っていて、キスしたいなあと思うときってあると思います。でも、自分からするのはなかなか恥ずかしくてできないし、できれば彼のほうからしてほしいとも思いますよね。

そこで今回は、鈍感な彼でも絶対に気づいてくれる、キスしてほしいときのわかりやすいサイン4選ご紹介したいと思います。

 

①無口になってムードをつくりながらキスをねだる

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

普通に楽しく話していると、なかなかキスするムードにはならないものです。でも、さっきまで楽しく話していたのに急に彼女が無口になったら、彼は「あれ?どうしたのかな?」と思うでしょう。

それがしてほしいサインになるのです。彼があれ?と思った瞬間に彼の顔をじっと見て、そのまま目を閉じましょう。

そうすることで、彼もきっと「ああ、そういうことか」と思って、優しくキスしてくれること間違いなしです。このとき、可愛らしく上目遣いで彼をドキッとさせることもポイントです。

スポンサーリンク

 

②ボディータッチで甘えながらキスをおねだり

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

キスしてほしいなと思ったら、彼の手を握ってみたり、腕を絡めるように組んだり、または彼の胸に顔を押し付けたりするなど、ボディータッチの回数を徐々に増やしていきましょう。

いきなりしてほしい顔をするのは照れくさいですし難しいですが、ボディータッチなら恥ずかしがり屋の女性でもできるのではないでしょうか?

最初は軽いタッチにして、だんだんと密着させるようにしていくと、鈍感な彼でもそのサインに気づいてくれるはずです。「キスしたいの?」と聞いてくれる彼もいるでしょう。

そしたらうなずいて、後は彼に任せてしまえばよいのです。彼も彼女からおねだりされたら、まんざらでもないはずです。

 

③唇を見つめて「キスして?」とアピール!

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

ボディータッチが難しかったら、彼の唇をずっと見つめるだけでも十分してほしいサインになります。彼女の視線が自分の唇にいっていたら、彼も「してほしいのかな?」と気づいてくれるでしょう。

しかし、鈍感な彼だと「何か俺の唇に付いてる?」なんて勘違いしてしまうかもしれません。そしたら「違うよー」と言って、軽く唇を突き出して目を閉じましょう。そうすれば、いくら鈍感な彼でもその意味がわかるはずです。

とにかく唇をじっと見つめて、彼がサインに気づくのを待つのがポイントですね。下から見上げるように見つめると、彼もドキッとして自分からしてくれるかもしれませんね。

 

④キスの話題をそれとなく出してみる

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

付き合い始めて間もないカップルだと、なかなかキスのタイミングがつかめないと思います。でも、そろそろしたいなとも思いますよね。

スポンサーリンク

そのときは、友達がキスした話やドラマや映画のキスシーンの話をしてみましょう。そうすれば彼も「もしかしてしてほしいのかな?」と気づいてくれる可能性が高いです。

「○○たちはラブラブでいいよねー」などとちょっとうらやましい気持ちを込めて言えば、なおさら彼のキスする気持ちを駆り立ててくれるに違いありません。私もあなたにしてほしいという思いを込めて、女の子らしくおねだりしてみましょう。

 

キスしてほしいオーラを全開で出しちゃおう!

キスしてほしい…そんなときにうまく彼氏に合図を送る方法4選!

してほしいサインを彼に出してもなかなか気づいてもらえないときには、ご紹介したサインを全部試して、そのオーラを出しまくりましょう。まず無口になってボディータッチをして、そして唇を見つめればきっと彼も気づくはずです。

いかがでしたか?自分からなかなかするのは恥ずかしくても、こうしたサインだったら、してほしい気持ちを十分伝えられると思います。ぜひこれらのサインを使って、彼に甘いキスをしてもらって下さいね。

 


関連記事

-キス

Copyright© プロが教える!キスしたくなるタイミングまとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.